忍者ブログ
Home > 記事一覧

それなのに子供の貧困が増加?


先ほどの街角ウォッチャーでは景気回復してきているという記事を書きました。同じ2014年6月10日の日本経済新聞に、子供の貧困層が深刻だという記事もありましたが?。“子供の貧困、見過ごすと? 教育で不利、自立に影響も”という見出しです。記事冒頭に、「文具などを買えない子供が増えているのよ」。・・・え?、街の景気は回復しているのに?。文房具ってどんだけいいの使うの?、うちの知っている文房具の値段って、鉛筆3本入って120円前後なのですが・・・。絵の具やクレヨンなどになると、物にもよるでしょうが1000円前後でしょうか。
・・・文房具を買わないで何にに使っているの・・・?。食材?。先ほどの冒頭にあったお話は、ボランティアで無料学習会に協力している主婦の方が語ったことです。「奨学制度」というものがあるそうです。2012年度の支給対象者、調査開始以来17年連続で上昇していたそうです。小中学生の15.64%。

ヒプノセラピー 金額、池袋
ヒプノ セラピー 池袋
PR

え?言っている事違うじゃん


以前@LINEを開始するのに月800万円って言っていたくせに、この記事に、企業が公式アカウントを開くには月250万円ってある。どっちよ。セールスフォースのシステムは年800万円程度だそうです。日経新聞も適当な事書きやがって(怒)。まぁいい、次からは気を付けなっ!(笑)。セールスフォースの顧客管理システムの利用方法→クラウドで顧客情報を管理し、LINEの公式アカウントと連携し、属性別に広告を送り分けられるシステムを発売。企業が保有する購入履歴も活用でき、また、化粧品購入者に対して、商品を使い切るころに再購入を促すといった使い方も出来るそうです。
セールスフォースのシステムを独自開発した場合一億円以上かかる場合もあるのだそうです。そうなるとセールスフォースのシステム利用料年800万円って破格なのでは?!。LINEは、セールスフォースとの提携で、日本だけでなく海外の法人需要も取り込み、事業拡大を狙うそうです。

ヒプノセラピー 金額、豊島区
退行 催眠

またLINE・・・(呆)


2014年6月10日の日本経済新聞の朝刊にLINEに関する記事がデカデカと・・・。“LINE広告 狙って配信 年齢・性別で絞り込み 米社と提携 商品PR 効果的に”という見出しの記事です。記事によりますと、公式アカウントを持つ企業が性別や年齢と言った属性で登録者を絞り込んで広告を送れる仕組みを築くとあります。アメリカのセールスフォース・ドットコムのクラウド型顧客情報管理(CRM)システムを使って、自社の顧客情報も活用しつつ、より効果的な広告活動が可能になるとあります。・・・LINE大忙しですねぇ^^♪。
ところでここまでくるとLINEって何の会社?という疑問も浮かんできますな。チャットアプリから名をとどろかせてきた「LINE」。今では販促だの広告配信だのと手広くやっています。やっぱりミクシィを思い出さずにはいられませんわたくし。ミクシィも調子こいて色々と手を出しまくっての今ですからね・・・。

ヒプノセラピー金額、東京都
池袋,カウンセリング

カテゴリー

カテゴリー

フリーエリア